<< 今朝の大貫 | main | 通勤快速R1−z >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
秋葉原の惨劇
【秋葉原通り魔事件】「捕まるのが一番しょぼい」…携帯サイト書き込み全文
(産経新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080609-00000915-san-soci

一昔前の事件の犯人は「中学高校と荒れていた」とか、「暴走族、暴力団まがい」のような、ひと目見て、「危ない」と感じる犯人の風貌があったが、最近の事件は、「見た目普通」&「おたく」&「ヒキコモリ」がキーワード。


J-CASTニュース : 土浦8人殺傷の通り魔犯
典型的秋葉原「ゲームオタ」だった
http://www.j-cast.com/2008/03/24018172.html

「携帯電話」が、ネット接続可能になったおかげで、インターネットは広く普及した。
自殺サイトや、出会い系、学校裏サイトなど問題も多く報道されている。

今回も、ネットでわざわざ「犯行予告」するぐらいだから、
きっと、誰かに「自分の存在と気持ちに気づいて欲しい。」というメッセージと思う。

人間関係に非常に敏感で、稚拙、幼稚な「犯人」の最後の自己表現。

わざわざネットに「犯行予告」「自殺予告」を書き込んでくれるのだから、プロバイダは、この辺のログをチェックすれば、誰の携帯キャリアからの書き込みなのか個人の特定は簡単なんでしょ?

こういう情報は、逐一警察に取り上げる仕組みとか確立して欲しいですよね。

後期高齢者医療問題など、「努力が報われない」今の日本の社会。

新たに始まる「裁判員制度」にも関係すると思うが、日本の裁判制度は大丈夫なの?
「罪を犯したら、それに見合う罰を受ける」
何人も刺して、死者も出て、「心神耗弱よって無罪」は、誰の為の救いなの?

「犯人の立ち直るチャンスを奪っていいのか?」というが、
被害者の「立ち直る時間」は、だれが保護するの?

「厳罰」による犯罪の抑制を目指すなら、それよりも「犯罪被害者がなにを望むのか」を考えてもらいたい。

困っている人が助けてもらえず、「ごり押し、言ったモン勝ち、自己表現、言論の自由、知る権利、個人情報保護」など、ルールの裏側を見つけたら「儲かった」と思うご時世。

「談合は駄目」と、ニュースで取り上げ、「公共工事削減しろ!!」と一般人が騒ぐ。
結果、相対的に仕事の価格は下がり、儲けも減り、下請けの売上も下がり、工事の質も下がる。
巡る金の量が減り、税金上がらず、結果、切り詰めたはずなのに赤字国債発行。
弱者切捨ての政策実施、社会保障サービスの崩壊。

こんな世の中に誰がした???と問われれば、
「選挙で選んだ国民の責任」とでも、のたまうのだろうか?
冗談じゃない!!

選挙が終わって、即、政党鞍替えするような種族に言われたくないわ(怒)

「地球にやさしい??」
なにを自惚れたことを。。。。(w)

地球は「地球」であり、意思などない。
長いサイクルの中で、終わりに向けて時を刻むだけ。
本当は、白熊やペンギンのことなんで、二の次なんだろ?
もっと、ちゃんと「人間が住みやすい世の中にしよう」と言ってみれば??

◆FC2 Blog Ranking
◆人気ブログランキングへ


キャラアニ.com
カテゴリ:- | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 21:14 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bassweb.jugem.cc/trackback/267
トラックバック